二人目不妊体験記

一人目が順調に育って、家族計画としては二人目が欲しいと思ったとき、そう簡単に妊娠できるものではないということ。
実は一人目もできるはずではなかったのに、タイミング良く妊娠できたのかもしれません。『偶然の出来事だったのかもしれません』。いざ二人目が欲しいと思ったときなかなか妊娠できないことをストレスに思う人はとても増えていると言われています。こんなはずじゃないと不妊を辛いと思う人もいるでしょう。
その原因としてよく言われる1つ目についてですが、一人目の子どもがまだ0歳児から3歳児だとしたら、全てのことをママが手伝うことになります。毎日の生活が当然子ども中心となり、朝早起きする子どもに合わせて生活し、お散歩、昼寝、ランチ、遊び、夕食そして寝るというパターンが多いと思います。昼間に自分の時間がとれるのは子どもが寝ているときだけです。それでも家事を済ませておきたいなど結果自分の時間が取れません。子どもが生まれる前の生活とは一転しており生活サイクルが変わってしまったとおもうことはありませんか?一番大きな変化だと思います。また赤ちゃんは自分の主張を伝えるために”泣く”という動作があります。これらのことから知らないうちにストレスを抱えており妊娠には大きなストレスになっているかもしれません。
2つ目の原因としては、「赤ちゃんの0歳」を子育てしているママだとしたら、離乳食を開始してもおっぱいも併用している場合があります。おっぱいをとめて2ヵ月もすると生理が始まります。ホルモンのバランスがくずれているので正常になると妊娠しやすくなると言われています。
3つめの原因としては、男性にも問題があると言われています。精子の数が減っているかもしれません。
すでに一人目が大きくなり、子どもが一人でできることが多くなったから二人目がほしくなったとしたら、すでにパパもママも一人目ができてから年を取っています。年齢と共に妊娠する確率は低くなっていきます。なぜなら、どちらも老化しているからです。
二人目が欲しくてチャレンジしているけれど、1年くらいできないというカップルは、やはり二人目不妊だと考えても良いでしょう。
不妊かもしれないと思ったら、一度病院で子宮のチェックや精子などホルモンの検査をしてみるのも良いでしょう。また、二人が健康であることが大切です。食事は三食食べること、お酒やタバコは控えめに。妊娠したい人、自分の健康のためにも、葉酸サプリを利用することもお勧めします。そして体を温かくして過ごすことが大切だと思います。もちろん心の安らぎも大切。年を取っていくとなかなか難しくなると言われているので数多くチャレンジすることが良いそうです。
頑張って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です