二人目不妊体験記

夫婦二人そろって高齢になってからの35歳程度での結婚だったので、その後半年して自然に一人目の子供ができました。その後一人目を出産してから4年の月日があっという間に流れてしまいました。
初めの一年目はまだ生まれたばかりの子供がいたので、手がかかることもあり、二人目を妊娠するということは全く考えていませんでした。二年目に入っても子育てに手はかかりましたので、夫婦の時間がとても少なく、二年目も家事と育児に追われてあまり真剣に考えておらず、自然にできればまぁいいかという感じで軽く考えていました。それが自然にできずに、気づけば4年近い月日が流れてしまい、夫婦二人ともに40代に差し掛かる年になってしまってから次第にものすごく焦ってきました。

二人目がなかなかできず、二人目不妊なのかなと思いだしてきました。夫婦の時間は少しは持てていたはずです。それが一人目の時は半年で自然にできたのに、二人目の時はなかなかできませんでした。3年が過ぎたころ、焦ってきて、ようやく体温を測ってタイミングをみるようにしました。それでもまったくできず、とても辛く感じていてすごくプレッシャーも感じていました。今回でできなかったらどうしようとか、年齢を重ねたことによって、また妊活を続けなければならないことがものすごく苦痛に感じていました。でも次こそはと思って再チャレンジするのですが、全くできる気配がありませんでした。

そこでたまたま行った図書館で、ちょうど妊活中に良い食事についての本を読み、とても勉強になりました。この頃は全く気配がなかったので不妊でも体に良いものがあればいろんなことを取り入れて頑張ってみようと思っていました。ですので、まずは食事から変えようと思い始めるようにしました。それが半年後のことです。妊娠前から飲んでいたらよいと書いていたので、葉酸サプリも買って飲むようにしました。飲み物についても温かいものを飲むようにして体をできるだけ温めるようにしてみました。また、外食が多かったところをできるだけ家で和食を作るようにして、味もあっさりにしてみるようにしました。気持ちの問題かもしれませんが、そうすることによって体がだんだん良くなっているような気持になれて、救われるような気持になれました。また、食事と、なるべく歩くようにして運動にも気を付けるようにしてみました。そうこうしているうちに半年がすぎ、もうすぐ1年たっても妊娠できなかったら病院に行って不妊治療をしようかなと考えていました。

その矢先の最後のチャンスと思って再チャレンジしたところ、うまく自然に二人目妊娠することができました。きっと体質も改善されたんだと思いました。今まさに、マタニティ生活を送っています。上の子とは5歳も離れてしまいましたが、あの時図書館で何気に読んだ本がなければ今の私はなかったと思います。また兄弟を作ってあげられることができて本当に良かったと思っています。いきなり不妊治療じゃなくても、あきらめないでいろんなことに挑戦して頑張ってみることが大事で、身体にも良いことが一番大事なんだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です