不妊を改善する食事

不妊とは、子どもが欲しいと思う女性が妊娠しないことを言います。晩婚化が進む中で妊娠することに対するリスクを考えてしまう女性は多いのではないでしょうか。妊娠に対してリスクがないのは、はやり健康で若い女性であれば出産後の回復も早く元気な赤ちゃんが生まれる確率も高いことでしょう。日本は、仕事に追われる日々を過ごしている女性管理職の方も多い中、バリバリ働いてきた30歳を超えると、妊娠のリスクは高くなっていく一方です。昔の時代とは違い、晩婚も進む中35歳以上は高齢出産と言われたりします。私も35歳を過ぎています。毎月の生理できちんと排卵しているかどうかを知るには、基礎体温を測ることが一番ですがそれを実行している人は、どのくらいいるのでしょうか。晩婚で結婚した時、一度は諦めていたけど、いざ子どもが欲しいと思った時、どうしても子どもを産みたいと思った時に不妊症と判断される女性が私の周りには結構いました。20代も含みますが、30代から40代の方も知っています。不妊と診断されることもショックだと思いますが、何が辛いか。それは、診断する場所も婦人科やクリニック、大きな病院の総合クリニックを含む、妊娠している患者と一緒の空間にいることから辛いですね。妊娠以外も目的でも婦人科を訪れる理由はありますが、参っている時に赤ちゃんの泣き声や友達の出産など一気にストレスもかかりかねません。不妊がわかると不妊治療をして妊娠したカップルも数人知っています。そのくらい不妊は多いのだなと他人ごとのように考えていました。不妊の原因は男女のどちらかにもありますが、お互いの理解がすごく必要なのだと思います。一番大事な要素は、母になる女性の身体です。きちんと栄養がある食事を摂っているか、ストレスを沢山浴びて解消できない生活を送っていないか、普段から妊娠しやすい身体づくりを心掛けているかに意識がいくことになるでしょう。日々の仕事が忙しかったりすると、ファーストフード店やコンビニで、食品添加物が色々入った食品を口にすることも多くあります。手っ取り早くお腹を満たすものであれば何でも良いと思いがちになることもあります。いざ、子どもが出来たという時に健康な子が生まれてくるかの一つの要素に、栄養の摂れた食事が取り上げられます。葉酸という言葉を聞いたことがありますか?ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれる栄養で遺伝子を正常に保つ働きがあったり、新しい血や細胞を作るのに大切な役割があります。ダウン症などの先天性異常のリスクを軽減する役割もあります。高齢出産も増える中で、体力も低下をたどる女性の身体を健康に保つことが一番大切かも知れません。葉酸は、野菜を摂っても吸収率が悪かったりするので、葉酸サプリというものが販売されています。日々の食事にプラスして、葉酸サプリで色々なビタミンも含まれているものを取り入れていくのも辛い不妊から解消されることの一つと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です