不妊の体験記

不妊に悩んでいた時、私は誰にも相談することができませんでした。親友も、とっくに子供を2人も産んでおり、忙しそうだったため、なかなか打ち明けることができませんでした。周りからは、「そろそろ子供のことを真剣に考えてみたら?」とか、「妊活を始めたら葉酸サプリを飲んだら良いよ」など、悪気はないのは分かっていても、そういう風に言われることが増え、プレッシャーとストレスを感じていました。

私は、自分が不妊ということもあって、結婚して長い年月が経っているのに子供がいない人に対しては、そのことには触れることができませんでした。しかし、結婚をしてすぐに子宝に恵まれたような人というのは、何も考えずに突っ込んで聞いてしまうので、ビックリします。赤ちゃんを授かるというのは、そんなに簡単なことではありませんし、悩んでいる人は世の中にたくさんいます。デリカシーがない人が多くて、ビックリすることは多々あります。

私は、暇さえあれば不妊に関する情報収集を行なっています。同じように辛い思いをしている人のブログなどは、本当に救われます。あまりにも共感した方がいらっしゃったので、コメントをしてみたのですが、定期的に連絡を取ったりできるようになって、気兼ねなく相談できる相手の存在に感謝しています。

不妊の原因は、人それぞれです。女性側の問題、男性側の問題、もしくは両社に問題があったり、相性が悪かったりなど、数え上げればキリがないほどです。そして、これといった原因がハッキリ分からないことが多いということも、不妊を解決に導くことができない問題でもあります。私達夫婦に関しても、これといった原因には辿り着いていません。排卵日をきちんと把握したうえで夫婦生活を持っていますが、かれこれ3年以上、子供を授かることができていません。

赤ちゃんを授かることの難しさというのは、身をもって理解しています。欲しくても欲しくても手に入らないのは、本当に辛いです。毎日、子宝に恵まれないことを悩んでいますし、生理が来る度にその現実を受け入れることができず、涙を流しています。夫も、そんな私の姿を見て、かける言葉もないという様子で、子供ができない限り、ずっと暗い人生を送ることになるように感じています。それほどまでに、不妊問題は大きいことだと思います。

妊娠しやすい身体づくりを心がけ、なるべく気持ちを明るく持って、妊活を続けていきたいと思っています。